FIコンTYPE-e[インジェクションコントローラー ] CT125ハンターカブ専用●純正ECUにカプラーオンで取付可能●CT125のパワー不足をサブコン装着で解消! [SP武川:05-04-0121]

FIコンTYPE-e[インジェクションコントローラー ] CT125ハンターカブ専用
●純正ECUにカプラーオンで取付可能
●CT125のパワー不足をサブコン装着で解消!
[SP武川:05-04-0121]

販売価格: 58,000円(税別)

(税込: 63,800円)

商品詳細

インジェクションコントローラー、いわゆるサブコンってやつです、今やFI(フューエルインジェクション)車のカスタム必須パーツ。
こちらは純正ECUにカプラーオンで取付可能なタイプ!
純正ECUに対応するカプラーをコントローラー配線に採用している為配線の加工が必要無く、純正のハーネスを傷つけずに装着可能。
※当店在庫限りとなりますが、リーズナブルな要配線加工のモデルは「コチラ」
CT125オーナーさんの第一印象が思ったより非力とかパワー不足と聞きます。
エンジン特性も思いの外まったりで上のフン詰まり感もなかなかですよね。
タコメーターつけてる方はご存じでしょうかが、CT125は8500rpmでピタッとリミッターが効きます。
※同系エンジンのC125やグロム モンキーはノーマルで10000rpm近く回ります。
そりゃパンチ無いわ〜とお嘆きのあなた。
そこでリミッターカットです、やらなきゃ損です、エンジン等に余計な負担を掛けずにパワーアップ出来ます。
ノーマルでも楽しいCT125が控えめに言ってさらにめちゃめちゃ楽しくなります。
更にマフラーハイカムシャフトのみの装着でほぼノンリスク仕様程度でもさらに激変を味わえます!
FI車はマフラーやカムなどエンジンのパーツを複数変更すると燃調が薄い方向でエラーが出ますが、それもバッチリ補正可能。
FIコンTYPE-eに関して詳細を記載すると超長文になってしまうので、詳しくはSP武川公式サイトの商品ページをご熟読下さい。
●メーカー品番:05-04-0121
●本商品の取扱説明書は「コチラ」でダウンロード出来ます。
【適合車種】
●CT125ハンターカブ(JA55-1000001〜)
●タイ仕様CT125ハンターカブ(MLHJA55**L500****)
※タイ仕様はメーカー適合には記載有りませんが当店にて装着及び正常稼働確認実績有り。
 但し保証は有りませんので装着及び作動は自己責任にてお願いします。
【解説】
インジェクションの燃調なんて俺にはムリ!と条件反射的に思ってしまう人、実感として意外に多い印象です。
実際うちのお客さんでもほとんどの方がそんな感じなのですが・・・
はっきり言います、普段スマホを触っているあなた、FIコンTYPE-eなら燃調セッティングがあなたにも出来ます。
マフラー、ハイカム、ビッグスロボ、ボアアップ等いろんなパターンのマップが用意されているので
ほぼほぼあなたの車両仕様に適合したマッピングがチョイス出来ます。
又、武川さんより新商品がリリースした場合でもアプリのアップデートにより対応可能。
【注意事項1】
※FIコン TYPE-eをご使用の際には対応出来るスマートフォンか通信可能パソコンが必要となります。
 又、ソフトやアプリのダウンロードが必要になる為、ダウンロード時はインターネットに接続されている必要があります。
 スマホアプリの場合有料となります、予めご了承下さい。ダウンロードページはコチラ
【備考】
webオートバイにて好評連載中若林浩志のスーパー・カブカブ・ダイアリーズ
 「サブコン&ハイカムで、ハンターカブのポテンシャルをとことん引き出す」という記事内に
 サブコン装着を絡めたCT125カスタムの一例が公開されてます!「コチラ」も是非ご一読を!
●装着時の店主ツイッターつぶやきは「コチラ」
 他にもCT情報を発信しております!ぜひ「#cubyjp」&「#ct125」で検索してみてください!