スーパーカブを中心に、モンキー・ゴリラ、ダックス、シャリィなどのカスタムパーツをCuby店長が実際に使って【いい!】と思った商品だけを全国に。
実際に整備しないと分からないようなかゆいところに手が届く純正パーツも満載!こだわりのCubyオリジナルパーツも続々開発中!
カブのカスタムパーツオンラインショップ
宅急便コレクト 代金引換 宅急便コレクト お届け時カード払い
宅急便コレクト
【お届け時カード払い】

クロネコwebコレクト
【クレジットカード払い】
ホーム メンテナンス系 > オイル・添加剤
商品一覧
メンテナンス系 > オイル・添加剤
商品並び替え:

【カビィのオイルうんちく】
なんかホンダのオイル適合表を見ると、
「高いバイクには高いオイルを」
「安いバイクには安いオイルでOK」みたいな感じを受けるのですが、
サーキットでも走らない限り大排気量なんてほとんど回す事がない(出来ない)⇒オイルに負担が掛かりにくい。
でもノーマルのカブやモンキーはアクセルなんてオンオフスイッチみたいなもんで常に回しっぱなしってのが現実かと。
そうなんです、オイルへの負荷は小排気量ほど大きいんですよ、
それでいて横型エンジンはたった0.8Lしか入っておらず、それを常に循環させている、しかも空冷。
だからカブやモンキーだからこそエンジンオイルはとことんこだわりましょう。
どノーマルに各メーカーハイエンドオイルを入れろとは言いませんが、
せめて「部分化学合成油(セミシンセティックオイル)」を入れてほしいです。
ボアアップなどチューニングしたエンジンには迷わず「100%化学合成油(フルシンセティックオイル)」をチョイス。
バラしたときのクランクケース内の綺麗さや耐久性がまったく違います。
もちろん交換頻度を考えればリーズナブルな「鉱物油(ミネラルオイル)」もダメとは言いません、
年式によっては合成油を受け付けないエンジンがあるのも確かですから。
ただ誤解してほしくないのが、時期やそれなりの距離を走ったら必ずちゃんと交換して欲しい。
オイルは暖め冷やされでどんどん劣化していき且つ、ほっといても酸化してしまうものです。
鉱物油が中心の時代のエンジンを開けると中がすごいことになってますから。
↓こちらに「合成油」と「鉱物油」の違いやオイル規格の事が詳しく載ってます、
http://www.honda.co.jp/motor-parts/ultraoil/ultraoil_knowledge/
古いエンジンなどは部分化学合成の方が相性がいい事もあります、
大事な愛車、よ〜く考えてオイルのチョイスをしてくださいね。

送料無料アイコンです、複数商品の同梱でも送料無料になります。
登録アイテム数: 3件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
MOTUL(モチュール)300V 4T

MOTUL(モチュール)300V 4T[10w40・5w40・5w30]

3,300円
(税込価格: 3,564円)
メーカー希望小売価格: 3,942円
MOTUL(モチュール) 5100 4T

MOTUL(モチュール) 5100 4T[10w40]

1,850円
(税込価格: 1,998円)
メーカー希望小売価格: 2,214円
MOTUL(モチュール) 710 2T(2サイクル用)

MOTUL(モチュール) 710 2T(2サイクル用)

3,700円
(税込価格: 3,996円)
メーカー希望小売価格: 4,536円
  説明付き一覧    写真のみ一覧
「このパーツをオンラインショップに載せてほしい!」等のご要望がありましたら是非お知らせ下さい。
また、Cubyオンラインショップ内に掲載が無い各社(タケガワ・デイトナ・キタコ・Gクラフト・シフトアップ等)のパーツも
お取り寄せできます。
上部「お問い合わせ」かコチラ⇒「https://cuby.ocnk.net/contact」よりお問い合わせ下さい。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス